« 千年に一度の国難突破の祈りを国民一丸となって天に届けよう! | トップページ | 千年に一度の国難突破祈願祭 »

2011年12月 2日 (金)

平成23年度 師走晦日大祓のご案内

今年の前半、311日、東日本大震災と云う千年に一度とも言われた東日本大震災が発災致しました。それに伴い、福島第一原発に於いては放射能漏れを起こす大事故が起き、国民は大きく動揺致しました。

 震災後の民主党政権の対応は阪神淡路大震災の時よりもはるかに稚拙で劣っており、全くやる気のない状況が現在も続いています。

 今般の大震災によって救援活動を行った自衛隊の評価はかなり高いものになりましたが、我が国に於ける原発などの危機対応の未熟さが露呈するなど、新たな課題を残す形となりました。

 振り返ってこの大震災及び世の中を席巻しているデフレの波は、民主党政権樹立後の治世の乱れによってたまりにたまった枉津日(まがつひ・穢れ)による荒(あら)びであります。

 つまりこの枉津日の荒びは、公に尽くすことを忘れ、個人主義に走った国民が子ども手当などのバラマキ政策に飛び付き、或いは自民党にお灸を据えるとして悪魔の眷属、サタンの申し子の如き民主党政権を誕生させたことによる天譴災異(てんけんさいい)でした。

今も尚、この枉津日は日本国全土を覆い尽くしており、いつまた天譴災異を引き起こすことになるか分からない状況が続いております。

このような枉津日に満ち満ちた時にあってはいつ、どこで、どんなことに見舞われるか分からない、非常に不安定な状況が懸念されます。

そのような中にあっても、穢れを祓い、「明浄正直」つまり明(あか)き、浄(きよ)き、正しき、直(なお)き心を持ち続ければ、天佑神助の下、清々しく生き抜いていくことが出来るのです。

今年一年知らず知らずに犯した罪、咎、穢れを祓い清め、清々しい新年をお迎えいただけますよう、また各種ご祈願により新しい年を健やかに過ごされますよう、大祓および新年のご祈願をご案内申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年越(師走)大祓のご案内

 

来る12月31日、当会では古式に則り年越しの大祓(おおはらへ)神事を執り行います。

大祓とは、この一年間我々が日常生活において、知らず知らずのうちに犯してきた罪や穢れ、不正不純なものを神の霊力にすがって祓い清め、身も心も生まれ変わった清らかな人間本来の誠に立ち返り、明るく希望をもって正しく生き抜こうという覚悟を新たにする大切な神事であります。

つきましては、人形(ひとがた)をお送り申し上げますので、心身を一新して清々しい新年をお迎え頂きたいと存じます。

尚、大祓お申込みの方には、吉例により元旦の初祈祷で貴家の御安泰並びに御隆昌をご祈念申し上げた元旦祈祷の御神札と大祓神札をお送り申し上げます。

 大祓は会員以外のどなた様でもご参加できます。

また神事は遠隔にて執行いたしますので、ご参拝の必要はございません。

大祓お申込み希望の方は、下記にメールにてお名前、ご住所、電話番号、参加人数をご記入の上、お申込み下さい。

尚、件名に必ず「大祓申込み希望」と明記して下さい。

追って申込書、人形代等をお送り致します。

12月20日までにメールにてお申込み下さい。

onmyonokami@yahoo.co.jp

年越大祓人形のお取り扱いについて

一、同封の人形にご家族お一人お一人のお名前と生年月日を書きます。

一、人形で自分の体を撫で清め、息を三度吹きかけ、罪穢れをこの人形に移し、身も心も清らかにします。

☆大祓初穂料・・・一名三千円以上お志し

☆申込用紙に必要事項をご記入の上、人形と一緒にご返送下さい。

☆郵送期日・・・十二月二十三日まで

☆振込期日・・・十二月二十七日まで

☆御神札は元旦に発送致します。

にほんブログ村 その他生活ブログ 年中行事・記念日へ
にほんブログ村

« 千年に一度の国難突破の祈りを国民一丸となって天に届けよう! | トップページ | 千年に一度の国難突破祈願祭 »

祭典のご案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1437419/43222818

この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年度 師走晦日大祓のご案内:

« 千年に一度の国難突破の祈りを国民一丸となって天に届けよう! | トップページ | 千年に一度の国難突破祈願祭 »