祭典のご案内

2016年9月 9日 (金)

秋季祖霊祭のご案内

祖霊の祀り

家族の誰かが身罷(みまか)った場合には、その人の御霊はその一家の祖霊と合祀され、やがては守護神となって子孫や一家を守護してくれると云う我が国古来からの祖霊祭祀があります。

子孫は先祖に対して日々のお祀りはもとより、個々の先祖の正辰祭並びに年祭(年忌)を鄭重に奉仕し、益々鎮まりますようお祀り致しましょう。

春季・秋季祖霊祭

 春秋の祖霊祭は祖先をお祀りする日であり、皇室では皇霊祭が執り行われます。春秋の祖霊祭に於いて先祖代々の御霊に対して子孫が追慕追悼(ついぼついとう)の誠を捧げると共に、祖先の加護をお祈り申し上げます。

遠隔にて執り行う場合】

 

一柱(〇〇命霊)・・・祭祀料3千円

 

祖霊(〇〇家祖霊)・・・祭祀料5千円

※御霊のお名前(霊号)、家名を記した幣帛をお頒かち申し上げます。

 祖霊舎或いは仏壇にご奉斎下さい。

Photo

出張祭典で執り行う場合】

 

 一柱(〇〇命霊)・・・祭祀料3万円

 

 祖霊(〇〇家祖霊)・・・祭祀料5万円

 

※遠距離の場合別途燃油代を頂く場合がございます。

 

御神饌をご用意頂きます。詳細はお問い合わせ下さい。


出張祭典を
ご依頼の際は2週間以上前にご予約下さい。

 

正辰祭・各年祭…春秋祖霊祭同様に遠隔・出張祭典どちらでも執り行いますのでご依頼下さい。

 

正辰(せいしん)祭…故人の帰幽の祥月(しょうつき)命日にその故人を追慕して執り行うお祀り。

 

年祭(式年祭・年忌)…一年祭・三年祭・五年祭・十年祭・二十年祭・三十年祭・四十年祭・五十年祭・百年祭と順次斎行し、百年祭以降は百年毎に行われるお祀り。

 

秋季祖霊祭のお申込みは9月16日までにメールにてご連絡下さい。

onmyonokami@yahoo.co.jp

件名に「秋季祖霊祭」と必ずご記入ください。

 

お名前・ご住所・電話番号をご記入ください。

 

追って詳細をご連絡申し上げます。

2016年9月 7日 (水)

平成28年9月19日 敬老祭のご案内

世界に例のない敬老の日


今日では
70歳は普通の老齢となりましたが、

昔は「人生七十古来稀なり」(杜甫の詩)と言って古稀の祝いとしました。

我が国には幼少年を大事にし、老人を敬う特性があります。

人格円満で老齢になった人を尊び敬う風は、

例えば神の御姿を白髭の老人(猿田彦神、武内宿禰)の姿とする考えに通うところがあります。

いつの世も、先人を敬い大切にする心は美しく、私達はそれを決して忘れてはいけません。

陰陽會では、毎年「敬老の日」に〔敬老祭〕として数え70歳以上の方を対象として祭儀を斎行致します。

神恩への感謝並びにご長寿をお祝い申し上げ、1年間健康で楽しくお過ごし頂けますようにご祈願申し上げます。


初穂料・・・
5,000


授与品・・・御神札と御守をお頒かち致します。

Photo


お申込みは915日、初穂料のお振込みは918日までにお願い致します。

 

※敬老祭は会員以外の方でもお申込みいただけます。

 ※祭儀は遠隔にて執行致しますのでご参列の必要はございません。

 お申込みの際は以下にメールで必要事項を記入の上ご連絡ください。

追って当会から必要事項をご連絡申し上げます。

 

onmyonokami@yahoo.co.jp

 

1)申込み人氏名・住所・電話番号

 2)願主氏名(敬老祭をお受けになる方)

 3)授与品送付先

2016年6月 3日 (金)

夏越之大祓のご案内

来る6月30日、夏越之大祓の祭儀を執り行います。

大祓とは、日常生活において知らず知らずのうちに犯している
罪や穢れを半歳ごとに清々しく祓い清め、
明浄正直の生活を続けようという日本の伝統的な祭儀です。

つきましては多くの皆様にご参加賜りますようご案内申し上げます。

夏越之大祓・茅の輪とは?

Photo
水無月のなごしの祓する人は 千歳の命延ぶといふなり

 

初穂料・・・1名 3千円

 

【申込み方法】

 

メールにてお申込み下さい。 onmyonokami@yahoo.co.jp

 

1.件名に大祓申込と必ずご記入下さい。

 

2.お名前、ご住所、電話番号を明記の上、人形(ひとがた)の必要枚数をご記入下さい。

 

当会から振込先をご連絡申し上げますので、初穂料のご入金が確認でき次第、
人形をお送りいたします。

 

【申込期日】6月20日

 

【人形の扱い方】


一、同封の人形代に御家族一人一人のお名前、生年月日を書きます。


一、人形代で自分の身体を撫でて、息を三度吹きかけ、罪、穢れをこの人形に移し、
身も心も清らかにします。

 

御神札・茅の輪をお頒かち致します。

001

夏越之大祓はどなた様でもお受け頂けます。

また、祭儀は遠隔にて執り行いますので、ご参拝の必要はございません。


にほんブログ村

2016年5月22日 (日)

疫病封じ御祈願のご案内

5月は古来より『毒月』とか『物忌みの月』と言われており、最も邪気の蔓延する時期とされています。 

55日は「悪日」と言われ、「九毒」の最たる日と見なされたことから、その日に邪気祓いをする風習が後の端午の節句になっていきました。 

当会では平成286月9日(旧暦55日)に毒月に流行神である疫病の霊的な予防策としての疫病封じ御祈願を執行いたします。 

お頒かちする御札には『☆蘇民将来之子孫也』と書かれています。 

この『☆蘇民将来之子孫也』という御札には、「うちは蘇民将来の子孫ですから、災難に遭わせないで下さい」という意味が込められています。

蘇民将来の伝承とは次のようなものです。

そ の昔、祇園精舎を守護する牛頭天王が老人に身をやつして世を忍んで旅に出た時の事。ある夜、巨丹将来・蘇民将来の兄弟が済む村に牛頭天王が宿を求めてやっ てきました。裕福だった兄の巨丹将来は老人姿の牛頭天王を冷淡に扱ったのに対し、貧しかった弟の蘇民将来は牛頭天王を優しくもてなしました。牛頭天王は蘇 民将来に自らの本当の姿を明かした上で、いずれ悪病が流行るが、蘇民将来の一族は助ける事を約束し村を去りました。やがて本当に悪病が流行り、兄の一族は みな死んでしまいましたが蘇民将来の一族は助かりました。

このご祈願はインフルエンザなどの疫病に絶対に感染しない、と言う趣旨のものではありません。 

あくまでも感染を予防し、万一感染したとしても大事にならないようにご祈願するものです。 

マスクの着用、手洗いの励行などの具体的な予防策は必ず行って下さい。 

この度の疫病封じのご祈願と併せて6月の夏越之大祓にご参加いただければ幸いです。

初穂料…10,000  授与品…ご神札をお頒かち致します。

※ご祈願はご参拝ではなく遠隔にて執行いたします。

※このご祈願は会員以外の方でもお受けいただけます。

※ご神札は御祈願の後、郵送にてお送りいたします。

お申込みは6月7日までにメールにてご連絡ください。

onmyonokami@yahoo.co.jp

件名に「疫病封じ御祈願」と必ずご記入下さい。

また内容欄には住所・電話番号・願主氏名をご記入ください。

追って詳細をご連絡申し上げます。

2016年4月23日 (土)

結婚感謝祭のご案内

結婚感謝祭

明治天皇さまがお示しになられた『教育勅語』の一文に「…爾臣民 父母に孝に 兄弟に友に 夫婦相和し 朋友相信じ…」とあります。              

 ご縁あってご夫婦になられたことを、年に一度は神様に感謝申し上げるとともに、ご夫婦の意義をより深く考え、お互いに感謝を表す日となれば幸いに存じます。
 
陰陽會では皇太子嘉仁親王殿下(後の大正天皇)のご結婚の儀が、初めて賢所のご神前で行われた510にあやかり、〔結婚感謝祭〕を斎行致します。

 御祭神への感謝の奉告並びに1年間ご夫婦が仲睦まじく、健康で家庭円満にお過ごし頂けますようにご祈願申し上げます。

 尚、祭典は遠隔にて執り行いますので、ご参拝の必要はございません。

 初穂料・・・10,000

 授与品御神札・御守・記念品をお頒かち致します。

Photo  

Photo_2

お申込みは5月6日までにメールにてご連絡ください。

onmyonokami@yahoo.co.jp

件名に「結婚感謝祭申込み」と必ずご記入ください。

住所・電話番号・願主氏名(ご夫婦のお名前)をご記入ください。

追って詳細をご連絡申し上げます。


 


にほんブログ村

2016年4月 9日 (土)

端午祭のご案内

平安時代には「穢れを祓う」という五節句のならいを背景に「端午の節句」が定着しました。

宮廷では邪気を祓うために屋根に菖蒲を葺き、節句の当日には天皇も貴族も菖蒲鬘をかぶり、今日も京都・上賀茂神社の賀茂競馬などに見られるような勇壮な競馬(くらべうま)も催されました。

「端午の節句」に菖蒲が重んじられたのは、

早春に力強く芽吹く姿に邪気を祓う力があると信じられたからです。

陰陽會では55日に0歳から13歳までの男女のお子様を対象とし
端午祭を斎行いたします。

お子様の1年間の病気や災厄を祓い、健やかな成長と利発さや美麗が授かるように、また親子の絆が一層強まるようにご祈願申し上げます。

※会員以外の方でもお申込みいただけます。

初穂料・・・1名 5,000

授与品…御神札・御守
Photo

お申込みは430日までにメールにてご連絡ください。

onmyonokami@yahoo.co.jp

件名に「端午祭申込み」と必ずご記入ください。

住所・電話番号・願主氏名・お子様の氏名をご記入ください。

追って詳細をご連絡申し上げます。

2016年3月11日 (金)

春季祖霊祭のご案内

祖霊の祀り

家族の誰かが身罷(みまか)った場合には、その人の御霊はその一家の祖霊と合祀され、やがては守護神となって子孫や一家を守護してくれると云う我が国古来からの祖霊祭祀があります。

子孫は先祖に対して日々のお祀りはもとより、個々の先祖の正辰祭並びに年祭(年忌)を鄭重に奉仕し、益々鎮まりますようお祀り致しましょう。

春季・秋季祖霊祭

 春秋の祖霊祭は祖先をお祀りする日であり、皇室では皇霊祭が執り行われます。春秋の祖霊祭に於いて先祖代々の御霊に対して子孫が追慕追悼(ついぼついとう)の誠を捧げると共に、祖先の加護をお祈り申し上げます。

遠隔にて執り行う場合】

 

一柱(〇〇命霊)・・・祭祀料3千円

 

祖霊(〇〇家代々祖霊)・・・祭祀料5千円

※御霊のお名前(霊号)、家名を記した幣帛をお頒かち申し上げます。

 祖霊舎或いは仏壇にご奉斎下さい。

Photo

出張祭典で執り行う場合】

 

一柱(〇〇命霊)・・・祭祀料3万円

 

祖霊(〇〇家代々祖霊)・・・祭祀料5万円

 

 

※遠距離の場合別途燃油代を頂く場合がございます。

 

 御神饌をご用意頂きます。詳細はお問い合わせ下さい。

 

ご依頼の際は2週間以上前にご予約下さい。

 

正辰祭・各年祭…春秋祖霊祭同様に遠隔・出張祭典どちらでも執り行いますのでご依頼下さい。

 

正辰(せいしん)祭…故人の帰幽の祥月(しょうつき)命日にその故人を追慕して執り行うお祀り。

 

年祭(式年祭・年忌)…一年祭・三年祭・五年祭・十年祭・二十年祭・三十年祭・四十年祭・五十年祭・百年祭と順次斎行し、百年祭以降は百年毎に行われるお祀り。

 

春季祖霊祭のお申込みは3月16日までにメールにてご連絡下さい。

onmyonokami@yahoo.co.jp

件名に「春季祖霊祭」と必ずご記入ください。

 

お名前・ご住所・電話番号をご記入ください。

 

追って詳細をご連絡申し上げます。

2016年2月25日 (木)

日蝕・月蝕の後には自祓ひをして穢れを祓い去りましょう!

自祓ひのご案内

39日に皆既日蝕(日本では部分日蝕)、23日に半影月蝕が起きます。

近年はこのような日蝕、月蝕が単なる天体ショーと位置付けられ、多くの人々にその状態を見る事を進めていますが、実は日蝕、月蝕の光は地上に重大な悪影響を及ぼす妖光(穢れの光)であることが忘れ去られてしまっています。

日本だけでなく支那やインドに於いても日食、月食は禍をもたらす天の異変と考えられ、様々な禁忌が行われていました。実際、日蝕、月蝕の後に国に於いては政変や天変地異が起きたり、個人に於いては病気や事故などの禍が起きる事が多々あります。

 来より日蝕、月蝕は穢れとされ、その期間、最も穢れを忌み遠ざけなければならないご存在である天皇は絶対にその妖光に当たらぬようにしていたのです。公家 たちも御所に来て参籠しました。天皇や公家が日蝕や月蝕の放つ妖光に当たることで、穢れた状態になり、その穢れによって国家や国民に禍が起きるのを避ける ために籠られるのです。
 
  何故、日蝕・月蝕が穢れであるかと言うと、太陽や月の生命力である光が枯れていくことから太陽や月が死の状態になるからです。日蝕や月蝕の光を穢れとみなすよりも、光が枯れていくことを穢れとみなしました。そのため日蝕・月蝕の時には物忌みの期間としたのであります。

日蝕や月蝕を直接見るかどうかではなく、その期間は天から穢れが降り注いでいますから、出来るだけ外出を控え、更には自祓ひによって身に就いた穢れを祓い去って下さい。

穢れを度々祓い去ることで、禍を遠ざけ、健やかにお過ごし下さい。

お申込みについて・・・日蝕・月蝕が起きる日迄にお手元に届く様にお申込み下さい。

自祓ひを行う日について・・・日蝕・月蝕が過ぎ去った後、速やかに自祓ひの所作を行って下さい。

【一等 自祓ひセットの内容】

1.物忌符 1体

2.人形代2体(予備1体含む)

3.切麻(白) 1回分

4.返信用封筒
 
1セット 3千円】

【特等 自祓ひセットの内容】

1.物忌符 1体

2.人形代2体(予備1体含む)

3.切麻(五色) 1回分

4.返信用封筒
 
1セット 5千円】

お申込みは下記メールにご連絡ください。

onmyonokami@yahoo.co.jp

件名に「自祓ひ申込み」と必ずご記入ください。

氏名・住所・電話番号・種類(一等・特等)・必要セット数を必ずご記入ください。

追って詳細をご連絡申し上げます。

2016年1月19日 (火)

2月3日 追儺式のご案内

追儺(ついな)とは天皇の私的な穢れ祓いの儀礼で毎年大晦日に宮城内で行われていました。

現在2月に行われる節分はこの追儺を原型としたものです。

追儺儀礼では金面に四眼の仮面をつけた方相師が矛や楯を持ち、宮城内にいる悪鬼を祓う所作をしながら巡回します。

後世この異形の方相師が自ら穢れをまとい、祓われる側の鬼に変じました。こうした鬼神祭ではまず、陰陽師による卜占が行われました。

どの場所がどのような種類の鬼神によって穢れているのか、それをどう祓うのかと云った一連の判断を行い、必要に応じて適切な呪祭を執行したのでした。

当会では陰陽道の故事に習い追儺式を執り行うと共に、追儺符およびご祈祷済み鬼打豆をお頒かち申し上げます。

皆様も23日に各家々にて追儺式を執り行い、邪気を祓い福を呼び込んで下さい。

追儺符は1年間、恵方【今年は丙の方位(南南東)】又は玄関の内側に貼ってご奉斎下さい。

Photo

授与品…追儺符・御祈祷済鬼打豆

初穂料…1,000円(追儺符と鬼打豆で1組です。送料込)

追儺式をお申込み希望の方は、お名前、ご住所、電話番号、組数をご記入の上、お申込み下さい。

尚、件名に必ず「追儺式申込希望」と明記して下さい。

追って振込先をご連絡いたします。

1月24日までに下記メールにてお申込み下さい。

onmyonokami@yahoo.co.jp

2015年12月 6日 (日)

年越大祓のご案内

早いもので、今年もあとひと月となりました。

此処数年日本に於いて大規模災害が頻発しておりますが、矢張り今年も火山の噴火をはじめ、大雨による堤防の決壊等により多くの国民が災禍に見舞われ、不安な日々を過ごしておられる方も多いのではないかと拝察申し上げます。

また先月には仏蘭西にて、過激派組織による同時多発テロと称される事件によって多数の死傷者が出た事で、欧州が非常に不穏な地域になりましたが、世界的な経済の失速と共に暗雲が垂れ込める世界情勢へと変化しつつあります。

この様な不安な世の中にあって、当会の会員の皆様方に於かれましては、日々の清祓、ご祈願等をお受け頂くことで、御祭神のご加護の下、お健やかに日々をお過ごしのことと存じます。

それぞれの人生の大きな節目を迎えられた方も、敬神崇祖のお祀りを怠りなく、穢れを祓い、明浄正直を心掛け、苦難を乗り越えられて、清々しく穏やかにお健やかにお過ごしになられたと云うお話を多数お寄せいただき、感謝の至りに存じます。

今年もまた、年越大祓にご参加いただき、一年間知らず知らずに犯した罪、咎、穢れを祓い清め、清々しい新年をお迎えいただけますよう、また各種御祈願により新しい年をお健やかに活き活きと過ごされますよう、年越大祓並びに新年の御祈願のご案内を申し上げます。

ご家族様お揃いで良いお歳をお迎え下さいますよう、心よりお祈り申し上げます。


年越
大祓のご案内

 12月31日、当会では古式に則り年越大祓神事を執り行います。
 大祓とは、この一年間我々が日常生活において、知らず知らずのうちに犯してきた罪や穢れ、不正不純なものを神の霊力にすがって祓い清め、身も心も生まれ変 わった清らかな人間本来の誠に立ち返り、明るく希望をもって正しく生き抜こうという覚悟を新たにする大切な神事であります。

 
お申込み頂いた方には人形(ひとがた)をお送り申し上げますので、所作の上、当会までご返送下さいませ。(所作につきましてはご案内申し上げます。)

 
大祓にご参加いただき、心身を一新して清々しい新年をお迎え下さい。

尚、大祓お申込みの方には、大祓御神札並びに吉例により元旦の初祈祷で貴家の御安泰並びに御隆昌をご祈念申し上げた元旦初祈祷の御神札・干支絵馬をお頒かち申し上げます。

師走大祓は当会会員の皆様に限らずどなた様でもご参加できます。

尚、祭儀は遠隔にて執行いたしますので、ご参拝の必要はございません。

大祓お申込み希望の方は、下記にメールにて
お名前、ご住所、電話番号、参加人数をご記入の上、お申込み下さい。
件名に必ず「大祓申込み希望」と明記して下さい。
追って申込書、人形代等をお送り致します。
1220日までにメールにてお申込み下さい。
onmyonokami@yahoo.co.jp

☆大祓初穂料・・・1名3千円

☆申込用紙に必要事項をご記入の上、人形と一緒にご返送下さい。

 

☆郵送期日・・・1223日まで

☆振込期日・・・1227日まで

☆御神札は1月4日に郵送致します。

より以前の記事一覧